大型犬向けのおすすめドッグフードの選び方

大型犬
大切な愛犬には元気で長生きして欲しい

紛れもない家族の一員である愛犬の飼い主であれば、誰もが願うことです。

そのためには、安心して食べさせられるドッグフードの選定が重要になります。

特に大型犬の場合、その体格故に健康を保つには栄養価やバランスなどもより一層大事だと言えるでしょう。

大型犬用のおすすめドッグフードをピックアップする前に、まずはドッグフードを選ぶときの欠かせないポイントについて見ていきたいと思います。

大型犬用ドッグフードの正しい選び方とは?

大型犬と言えども子犬時代は小型犬と大差のないもの。安価なドッグフードを長期的に与え続けると、成犬になってから病気にかかってしまうリスクもあります。

そこで大型犬が健康且つ元気に過ごし続けるには、安全で安心できるドッグフードを食べさせてあげることが大事です。

そこでドッグフードを選ぶ際のポイントは以下の3つになります。

  1. 人工添加物を使用していない
  2. ヒューマングレード
  3. グレインフリー

人工添加物を使用していない

保存料や着色料などの使用を制限した、いわゆる「無添加」のドッグフードは安全性が高いです。

一概に「添加物=悪」と断言はできないものの、添加物が原因でアレルギー反応や体調不良に陥るワンちゃんも一定数います。それが大型犬であれば対応も大変です。

ただし、「無添加」という表記があれば「添加物を一切使用していない」というワケではありません。

着色料を使用していても香料を使用していなければルール上「(香料のみ)無添加」と表記できてしまうからです。

なので、選ぶ際は「無添加」でなく、「完全無添加」「100%無添加」の表記があるものを選んだ方が無難と言えるでしょう。

ヒューマングレード

端的に言うと、「人間でも食べることのできる品質」という意味合いの表現になります。

ただし、ドッグフードはあくまでもドッグフードなので、誤解のないように注意してくださいね。

グレインフリー

グレインフリーとは、「穀物不使用」のことで、近い意味合いでは「グルテンフリー(グルテン不使用)」という言葉もあります。

これはもともと犬が肉食性である為、穀物に対する消化機能に長けていないことから「穀物の使用は控えた方がベター」という考えが起因しています。

穀物の使用が大型犬にとって絶対的な悪ではありませんが、グレインフリーのドッグフードの方が体調不良等のリスクを軽減できると言えます。

大型犬の年齢や目的にマッチしているのかも、必ず考慮する

もう1つ考慮しなければならないのが、「年齢や目的にマッチしているのか」という点です。

大型犬が高齢であれば歯も弱くなるので、固めのドッグフードは適切ではありません。また、与えるドッグフードの量が同じで運動量が減れば肥満リスクも高まります。

なので、年齢や状態に応じてどのようなドッグフードを与えるのが最適なのかも考える必要があります。

以上のことを踏まえたうえで、今回ピックアップする大型犬用のおすすめドッグフードを見てみましょう。

【1位】モグワン

モグワン

モグワンの特徴・ドライタイプ
 
・ヒューマングレード食材を利用
 
・不必要な穀物や添加物をカット
 
・オールステージ対応
品質・安全性
5
栄養
5
価格
5
総合評価
5

モグワン公式HPはこちらモグワンの詳細はこちら

【2位】Butch(ブッチ)

ブッチ ドッグフード

Butch(ブッチ)の特徴・購入者の継続率No.1
 
・ヒューマングレード食材を利用
 
・肉類の配合率が高め
 
・チルドタイプ

・オールステージ対応

品質・安全性
4.5
栄養
5
価格
4.5
総合評価
4.5

ブッチ公式HPはこちらブッチの詳細はこちら

【3位】ファムタイズ

ファムタイズ ドッグフード

ファムタイズの特徴・ドライタイプ
 
・ヒューマングレード食材を利用
 
・健康維持を重視
品質・安全性
4
栄養
4
価格
4.5
総合評価
4

ファムタイズ公式HPはこちらファムタイズの詳細はこちら

モグワンが最もおすすめな理由とは

モグワンは、愛犬にとって美味しく、栄養もたっぷり摂れる素晴らしいドッグフードです。

モグワンの特徴をまとめてみました

  1. オールステージ(全年齢・成長期間)対応
  2. 上質且つ新鮮なヒューマングレード食品を利用
  3. 徹底的な管理体制と製造設備

 
モグワン 申込み

モグワンは愛犬の食いつきと健康を最大限考慮し、開発されたドッグフードです。

愛犬にとって美味しさと栄養を高いレベルで両立させた、プレミアムフードと言っても過言ではありません。

2014年9月にイギリスのドッグフード生産工場を参考にし、原材料の選定や粒の固さの調整など、2年の歳月と吟味の末に開発されました。
 

モグワン公式HPはこちら

モグワン 購入者の口コミをチェック!

ドライフードへの食いつきが悪い子で、人が食べているご飯ばかり欲しがって困っていました。
しかしモグワンはあげた瞬間に食いついてあっという間に食べ終わってしまい、とても気に入っているようでビックリです。
本当に美味しそうに食べてくれる姿が嬉しくて、今後もずっと食べさせてあげたいと思っています。

普通のドックフードとは違いマイルドな香りで、袋を開けた瞬間からとてもいい反応でした。
普段、初めて口にするものにはかなり警戒をする性格なのですが、モグワンドッグフードは不思議と警戒することなく食いつきが良く驚きました。本能的に本当に良いドッグフードが分かるのかも知れませんね。

Butch(ブッチ)がおすすめな理由とは

Butch(ブッチ)は、何よりも「無添加」にこだわったドッグフードです。

Butch(ブッチ)の特徴をまとめてみました

  1. 無添加への強いこだわり
  2. 「本来あるべき状態の肉のフード」の追求
  3. 原材料は全て環境規制の厳しいニュージーランド産

 
ブッチ 申込み

Butch(ブッチ)「安心・安全で健康的」をコンセプトにしたドッグフードを提供しています。

原材料は全て、「環境規制が世界一厳しい」とも言われるニュージーランド産で、ニュージーランドでは家畜の疫病すら発症したことがないとも言われています。

安全面において極めて品質の高いドッグフードだと言えるでしょう。
 

ブッチ公式HPはこちら

ブッチ 購入者の口コミをチェック!

先ず気に入ったのは、原材料の明確さ。
何が使われているのかが一目瞭然で納得しましたし、NZ産の原料へのこだわりを知って、安心して与えられました。
試しに与えたところ、カイカイ動作も減り、500円ハゲも気にならなくなり、お腹も快調みたいで満足しています!
もうシニア犬ですが、元気に長生きしてもらいたいのでブッチは手放せないフードです。

それまでに与えていたドライフードの時に比べるとさわり心地、ツヤツヤ感が違います。
ドライフードを与えていた時は何というか独特のべたつきみたいなものがあったのですが、最近は本当にフワフワでお人形のようです。

大型犬のドッグフードこそ安全性や品質を要チェック

大型犬は小型犬と比較し、見た目の体格に反して繊細な子が多いです。だからこそ、大型犬のドッグフード選びでは品質や安全性を重視しなければなりません。

病気もなく、元気に長生きして欲しい

そう思うのであれば、今回ピックアップしたドッグフードは大型犬でオールステージ対応なので、おすすめ致します。

モグワン
モグワン

不要な要素のカットにこだわった一品

Butch(ブッチ)
ブッチ ドッグフード

愛犬の「食いつきの良さ」にこだわった一品

ファムタイズ
ファムタイズ ドッグフード

健康維持を重視したドライタイプ

大型犬に分類される犬種一覧

【ア行】
アイリッシュウルフハウンド
アイリッシュセッター
秋田県
アフガンハウンド
アラスカンマラミュート
イングリッシュセッター
イングリッシュポインター
オールドイングリッシュシープドッグ

【カ行】
カーリーコーテッドレトリバー
グレートデン
グレートピレニーズ
コモンドール
ゴールデンレトリバー

【サ行】
サモエド
サルーキ
シベリアンハスキー
ジャイアントシュナウザー
スタンダードプードル
セントバーナード

【タ行】
ダルメシアン
チェサピークベイレトリバー
チャウチャウ
土佐犬
ドーベルマン

【ナ行】
ニューファンランド

【ハ行】
バーニーズ・マウンテン・ドッグ
ビアデッドコリー
フラットコーテッドレトリバー
ブービエ・デ・フランダース
ブリアード
ボクサー
ボルゾイ

【ラ行】
ラフコリー
ラブラドールレトリバー
レオンベルガー
ロットワイラー

【ワ行】
ワイマラナー

タイトルとURLをコピーしました